「ジオストーム」の映画動画をフルで無料視聴!違法サイトの無料動画視聴は逮捕やウィルス感染、詐欺請求などの危険性が!安心安全で高画質の正規配信動画を無料視聴したいよね。

ジオストーム

映画「ジオストーム」のフル動画を視聴できる動画配信サイトを調べて見ました。

違法動画ではなく正規配信の高画質動画サイトのみをご紹介しています。

TSUTAYAディスカス400円
U-NEXT540円
ビデオマーケット432円
dTV400円

※ 本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。

まず、分かることは映画「ジオストーム」を無料で配信しているサイトは無いということ。

サイトごとに料金が違いますが、レンタル視聴料金は400円〜540円であることが分かります。

 

さて、ここでポイントとなるのは初回登録時にボーナスポイントがもらえるサイトがあるということです。

ボーナスポイントがもらえるのは以下の2つのサイトです。

ボーナスポイントがもらえるサイト

さらにどのサービスも登録してから約1ヶ月のあいだ無料で利用できるのです。

つまりTSUTAYAディスカスU-NEXTなら、無料期間中に初回登録時のボーナスポイントを使用すれば

check 映画「ジオストーム」のフル動画を合法的に無料で視聴できる

というわけです!

TSUTAYAディスカス

無料期間:30日
初回登録時に1080ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額933円 or 月額2,417円
動画数:85,000本以上
TSUTAYAのほぼ全ての動画

>> 公式サイトはこちら <<

FODプレミアム

無料期間:31日
月額888円
動画数:1,000本以上

>> 公式サイトはこちら <<

U-NEXT

無料期間:31日
初回登録時に600ポイントもらえます。
無料期間終了後:月額1,990円
毎月1,000円分のポイントがもらえます
動画数:120,000本以上
※家族でアカウントシェア可能(4人まで)

>> 公式サイトはこちら <<

Hulu

無料期間:2週間
無料期間終了後:月額933円
動画数:40,000本

>> 公式サイトはこちら <<

dTV

無料期間:31日
無料期間終了後:月額500円
動画数:120,000本以上
なんといっても料金の安さが特徴!

>> 公式サイトはこちら <<

ジオストーム 映画 動画 無料 視聴

Youtubeでは映画「ジオストーム」の予告動画が無料で視聴できますのでチェックしましょう!

映画『ジオストーム』本予告

(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)

映画『ジオストーム』ディザスターシーン(東京/日本)

(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)

映画『ジオストーム』ブルゾンちえみ日本語吹替えシーン

(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)

映画『ジオストーム』ディザスターシーン(アフガニスタン)

(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)

映画『ジオストーム』ディザスターシーン(オーランド/アメリカ)

(ワーナー ブラザース 公式チャンネル)

ジオストーム キャスト

監督:ディーン・デヴリン
脚本:ディーン・デヴリン
ポール・ギヨー
製作:デヴィッド・エリソン
ディーン・デヴリン
ダナ・ゴールドバーグ
製作会社:スカイダンス・メディア
エレクトリック・エンターテインメント
ラットパック・エンターテインメント
配給:ワーナー・ブラザース
スカイダンス・プロダクションズ

配役:

ジェイク・ローソン – ジェラルド・バトラー(上川隆也)
マックス・ローソン – ジム・スタージェス(山本耕史): ジェイクの弟。
サラ・ウィルソン – アビー・コーニッシュ(ブルゾンちえみ)
ウーテ・ファスベンダー – アレクサンドラ・マリア・ララ(田中敦子)
チェン・ロン – ダニエル・ウー(蟹江俊介)
アル・ヘルナンデス – エウヘニオ・デルベス(岩崎正寛)
レイ・デュセット – アムール・ワケド(横島亘)
エニ・アディサ – アデペロ・オデュイエ(木村涼香)
アンドリュー・パルマ – アンディ・ガルシア(内田直哉)
レオナルド・デッコム – エド・ハリス(菅生隆之)
ダンカン・テイラー – ロバート・シーハン(寺島惇太)
トーマス・クロス – リチャード・シフ(仲野裕)
カサンドラ・ジェニングス – メア・ウィニンガム(神田みか)
デイナ – ザジー・ビーツ(朴璐美)
ハンナ・ローソン – タリタ・ベイトマン(潘めぐみ)
ミッキー – ダニエラ・ガルシア(熊谷海麗)
マイク – リッチー・モンゴメリー(間宮康弘)
リコ – デヴィッド・S・リー(さかき孝輔)
カール – ビリー・スローター

※括弧内は日本語吹替

ジオストーム 映画 感想

感想

災害シーンに圧倒され続け、映画館を出ても興奮が止まりませんでした。

それほど面白い映画でした!

私は、短編予告だけを見て映画館に向かいました。

『ジオストーム』では、気象コントロール衛星というとんでもない物が存在する世界です。

でも、いずれ人類はそれに近いようなことをするのではないかなぁと思いながら、入場しました。

そして映画館のスクリーンの力もあり、とても大迫力なシーンばかりで、目を奪われました。

まさにこれこそ興奮の理由です。

また、日本を含む世界各地での災害シーンはリアリティを増幅させていました。

やっぱり作品に自国が登場するというのは興味深く、面白いものです。

勿論、現実に災害が来たら嬉しくないですが(笑)

それらの地球のシーンとは別に、気象コントロール衛星が登場する宇宙でのシーンにも、とてもビックリさせられました。

そのあたりは実は想定いなかったのです。

よくよく考えれば宇宙シーンがあることは予想できますが、「災害」にばかり気を取られていたのも事実でした。

宇宙の広大さ、そしてその恐怖をよく感じさせられました。

そして災害とは別に、「人間」という生き物についても色々考えさせられることが多くありました。

本作の気象コントロール衛星のように、科学技術が発達すれば、より多くの事が可能になります。

それはプラスの側面も沢山あります。

しかし、科学技術がどんなに進歩しても、人間は進歩しないという事がよくわかる作品でもありました。

予告の通り、その衛星が「暴走」するからには当然理由があるわけです。

その理由は…ゴニョゴニョ(言えないよん)。

というように、『ジオストーム』は災害シーンだけでなく、人間達にも注目してもらいたい作品です。

細かな所が重要になってきます。

そして、登場キャラクターのアクションシーンや心の葛藤にも注目したい作品でした。感想

ジオストーム 映画 動画 フル 無料 視聴

もう一度、映画「ジオストーム」の動画が配信されているサイトをまとめておきます。

映画「ジオストーム」の動画を見るなら、

TSUTAYAディスカスU-NEXTmusic.jpがおすすめです。

※ 本ページの情報は2018年5月時点のものです。最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。