刀剣乱舞 花丸 幕間回想録

 

感想

アニメシリーズの主軸がしっかりまとめられた内容でした。

物語のメインとなる大和守安定と加州清光についてかなりまとめられており、アニメシリーズの総集編として見やすいものだったと思います。

また、アニメシリーズに出てきた47名のキャラクターがちゃんと出てきたのも嬉しかったです。

ただ最も驚いたのは、アニメシリーズでも視聴者の度肝を抜いたあのうどんミュージカルが、映画の内容に盛り込まれていたことです。

前売り券の特典の中にも、うどんミュージカルをイメージした土鍋があったので、おそらく映画でもうどんミュージカルは出てくるのだろうと身構えてはいたのですが、映画館で見るうどんミュージカルは迫力が違いました。

やはりなぜうどんミュージカルが始まったのかは謎ですね。

しかしそういうところも含んで、この映画は面白いと思います。

そしてアニメの公式サイトでも触れられているように、来年一月から放映される同アニメの二期の内容も、ほんの少しだけ上映されました。

二期が待ち遠しいという人や、前述のうどんミュージカルが好きな人は、映画館に足を運んでみても良いと思います。

何より大きなスクリーンで好きなキャラクターが動いているのを見られるのは嬉しいものですしね。感想

感想

刀剣乱舞 花丸 幕間回想録の映画を見ました。正直テレビシリーズを見ずにいきなりこの映画を見たので最初は

思っていたのとは内容が違っていて驚きました。私は刀剣乱舞というタイトルから剣劇ものかと思っていたのですが

実際に見るとそういう感じの映画でなく可愛らしい男子達の日常生活を描いた内容で思っていたのとは全く違っていました。

ですが、思っていたのとは違ったと思ったのですが話自体は悪いとは全く感じませんでした。

それまでこういう作品を見た事がなかったのですごく新鮮でした。

そして最近はこういうアニメが人気があるという事が分かったという意味でも見て良かったです。

実際に私の周囲にも刀剣乱舞 花丸 幕間回想録を見たという人が意外と多くてこの映画が好きだという人が多かったです。

なのでこれまで刀剣乱舞 花丸 幕間回想録を見た事がないという人もぜひ一度この映画を見て欲しいと思います。

きっと多くの人がこの映画の魅力に気づくと思います。感想