この映画は、弱小のバレーボール部の男子学生たちが、綾瀬はるかが演じる新任教師寺嶋のおっぱいを見られるということに釣られ、部活に打ち込む、コメディー要素がたくさんある青春映画です。

この映画の一番の良さは、綾瀬はるかがとてもかわいく、見ていて幸せな気分になることです。

彼女のもつやわらかい雰囲気や少し天然な部分がうまく引き出されていて、こんなかわいい先生がいれば、学生に大人気だろうなと感じます。

また、純粋な男子学生や寺嶋先生を見ていると、心が温かくなり、笑うポイントもたくさをやあり明るい映画です。

この映画は、夫と一緒に見たのですが、夫は自分の学生時代を思い出したようで、バレー部の男子学生たちのおっぱいを見たいという気持ちが手に取るようにわかったようで、男女とも楽しめる映画だと感じました。

男子学生たちがバレーを頑張る姿は一生懸命で、泥臭く、それでいて爽やかで、ついつい応援してしまうようなかわいい男子学生たちでした。