パシフィック・リム

 

感想

洋画版特撮アニメという感じでとにかく燃えました。

見ていてワクワクもしたしドキドキもしたし、スカッともしました。

物語の中で描かれているテーマはかなり重いので、冷静に考えると辛い所もあるというか、見ていてしんどくなるところも多いのですが、難しいことに頭を悩ませていられなくなるくらいにアクションシーンが格好良かったです。

キャラクターそれぞれが試練を乗り越え、協力し、全力を振り絞って進む王道の展開はとにかく熱く、クライマックスからラストシーンまでの流れも最高でした。

 

ハリウッドの中で活躍する、日本の役者さんたちも実に格好良かったです。

大画面でアクションを繰り広げる菊地凛子さんや、天才子役としての実力を天下のデルトロ監督や海外の名立たるスターの前で堂々と見せつける、芦田愛菜ちゃんの姿が素敵でした。

ミステリアスな日本人という役にもピッタリでした。

 

戦うロボットイェーガーの格好良さはもちろんのこと、敵である怪獣のヴィジュアルもとても惹かれました。

キャラクターそれぞれに個性があって、人間たちとの戦いの様子には思わず手に汗を握ってしまったほどです。

ヒーロー対怪獣の戦いはかくあるべしという感じで興奮しましたし、忘れかけていた子供の頃の心を取り戻しました。

 

見終わった後にラストシーンには監督のこだわりが詰め込まれているのだという話を聞いて、なるほどなと思いました。

ハリウッド映画のお約束などは私にはよくわからないのですが、完成された作品にはすごく満足できましたし、あのスタイルが主役の2人らしくて良かったです。感想