シン・ゴジラ

今まで俗に言う怪獣映画を見たことはほとんどなかったのですが、エヴァンゲリオンの庵野秀明監督がメガホンを取ったということで、彼のファンとして見てみたのです。

実際に見てみると彼のファンなら思わずにやけてしまうような場面がいくつかありました。

まず、地名を表す明朝体。エヴァンゲリオンでお馴染みだったので嬉しく思いました。

次にゴジラの放つ光線。圧倒的な破壊力のそれはエヴァンゲリオンに出てくる使徒の攻撃のようでハラハラしました。

ただの怪獣映画とあなどってはいけません。

もしゴジラが東京に現れたら、誰がどのような行動をとるのか?取材に基づいた演出ということで緊迫した空気感にリアリティーがありました。

圧倒的な力を持つゴジラに立ち向かう人間たち。

彼らの知恵をこらした作戦も見所なのですが、この映画は私たちに対して非常に大切なメッセージを含んでいると思います。

日本を襲ったのがゴジラではなかったら?自然災害、原発事故、戦争……ゴジラはそのような危機を体現した存在だと言えるでしょう。