小説が映画化された細部まで複雑に構成されている映画です。

膵臓の病気になってしまった少女が余命宣告されてからの人生を楽しむという儚くて切ない物語です。

ヒロインの女子が話す一つ一つの言葉にはとても重みのある言葉ばかりで、日々の生活を無駄に過ごしてしまっている私にとって、人生を見直す良い機会となりました。

今の人生は、勉強に追われていたり、家の門限があったりしてつまらないと感じることも多いでしょう。

人生は有限です。

学生時代にしか勉強はできません。

大人になって社会に出た時に必ず競争の場面で頭の良さが比較対象となります。

しかし、社会に出てからでは遅いのです。

この少女は、余命を宣告されて大人になることはできません。

しかし、悲しいとは思ってはいません。

残りの人生は他の人と比べて少ないですが、その少ない時間に何ができるのか。

自分の満足できる人生を送ることができるのか。

計画を立てて実践していきました。

計画と実践は今の若者にとって足りないものだと感じます。

今を楽しむことで将来を無駄にしてはいませんか。

どんなことよりも、学生時代の勉強に勝る備えはありません。

今勉強をすることで、将来自分が楽しい人生が待っていると断言します。

人生を無駄にはしないでください。

http://hepans.xyz/